ここをクリックするとTOPページへ戻ります。

[F-09]寺田本家「醍醐のしずく」の酒粕
寺田本家「醍醐のしずく」の酒粕 ■商品説明
鎌倉時代頃のどぶろくの造り方・菩提もと仕込みを再現して無農薬米で醸した「醍醐のしずく」の酒粕。酒袋に入れてしぼっているので、形は大小さまざまなかたまり状になっています。約2週間ほどでできるお酒ですので、酒粕には蒸米や麹の粒が残っており、乳酸菌や酵母菌などの微生物たちが生きています。酸味があり、お米の粒がまだ多く溶け残っていて、通常の板粕とは異なるため甘酒・粕汁にはむきません。やさしい甘み・酸味はジュースやクラッカー・ホワイトソース・パン作りなどにおすすめです。500g 要冷蔵

寺田聡美さん作成レシピ

酒粕酵母パン酒粕クラッカー酵母ジュース酒粕レモンクリームケーキ
酒粕ソースのグラタン酒粕ディップ酒粕トースト豆腐の酒粕漬け

※1本から販売していますが、クール便にてのお届けとなりますので、送料が割高となってしまいます。ほかの商品と一緒に購入して頂ければ同一梱包でお送りできます。

■価格:400円 (税別)
■個数

 (←ご注文の際はここをクリック!買い物かごに入ります。)

 →送料の詳細はこちらで
*送料は地域毎に異なるためご注文後にメールか電話で総額をお知らせします。
*代金引換を御希望の方は総額が1万円以下の場合は300円(税別)で1万円を超える場合は400円(税別)が別途必要です。
*複数お買い求めいただいた場合、同一梱包により送料が変わることがあります。
厳選されたこだわりのポイントをご紹介しています。
蔵元「寺田本家」
粕の元となる「醍醐のしずく」は現在の菩提山正暦寺(ぼだいせんしょうりゃくじ)に端を発し、鎌倉時代から戦国の世にかけて編み出された「菩提もと仕込み」といわれる空中に浮遊する天然の乳酸菌と野生酵母(酒蔵では蔵付き酵母)を採り込んだお酒造りを再現しました。この仕込み方法は『生もと』の原型、日本酒造りの原点とも言われています。そのまま味わっていただくため、割り水、濾過は一切行わず、一仕込ごとに瓶詰めしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
拡大写真

寺田本家「醍醐のしずく」の酒粕

画像・文章の無断使用はご遠慮下さい。

TOPへ戻る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・